0

合計金額:0円

送料・手数料無料まで
あと6,000円(税込)

ご購入後も安心サポート 6,000円以上で送料無料 14時までのご注文で即日発送 会員は5%OFF 定期購入で10%OFF

子犬・老犬・病中・病後ドッグフードの食べさせ方

ドッグフードの食べさせ方(ドライフード編)

超小型犬・幼犬・老犬・病中・病後のわんちゃんにドライフードを食べさせる工夫

超小型犬・幼犬・老犬・病中・病後などには、養生食風に下記のような加工して食べさせてあげると、消化吸収もよく、食いつきも更によくなります。


レビュー・お客様の声

▼ まずはお試しパックをご利用ください

愛犬のためのお試しセット

愛猫のためのお試しセット

ドッグフード(ドライ)編

発育状態や健康状態を見ながら、ドライフードに戻していってください。 老犬の場合はこの状態をお続けいただいて結構です。(歯垢のチェックはしてくださいね)
作り置きは1日分までOKです。

①ドライフードをお皿に準備してください。

※食いつきでお悩みの際は、現在食べてくれている他社フードを半分混合します。
※レトルト・ドライ・缶詰など

②ジューサーに移します。

③ジューサーにかけます。

※時間目安>3~5秒。
※完全に砕く必要はありません、角がなくなる程度でです。

④お水を準備してください。

※目安>20gに対して大さじ1~1.5杯程度。
※水分があるフードが相手の場合は上記よりやや少なめに調整します。

⑤火にかけます。

なべに砕いたフード③を入れ、水④(お湯でも可)を入れ、表面の角が取れ、お湯の中にフードがなじんでくる程度、火にかけます。
※時間にして約3~5分。

⑥なべから取り出したときの状態です。

⑦すり鉢に移します。

⑧丁寧に潰していきます。

⑨これで完成!

このまま食べさせてください。
※保存は1日までとし、密閉容器で冷蔵庫にいれてください。
※再度与える際は、その子の好みによって温めます。