0

合計金額:0円

送料無料まで
あと8,150円(税込)
※北海道・沖縄除く

合計金額:0円

送料無料まで
あと8,150円(税込)
※北海道・沖縄除く

カゴに商品が追加されました。
ご購入後も安心サポート 6,000円以上で送料無料 14時までのご注文で即日発送 会員は5%OFF 定期購入で10%OFF
   

夏期休業のお知らせ
(詳しくはこちらから)

8月13日(土)~8月16日(火)は夏期休業とさせていただきます。
8月17日(水)より通常営業いたします。

8月12日14時までのご注文は当日中に出荷いたします。


  • Q. グリーンプラスとマザープラスの違いは?

    グリーンプラス、マザープラスともに国産の素材を使用し、安全性に配慮した商品ですが、下記のような相違点がございます。 ■素材のグレード グリーンプラス、マザープラスのどちらも国産で人間が食べるレベルの素材を使用した商品です。 マザープラスはその中でもより良い素材を使用して作られたフードです。 ■お肉の配合量 グリーンプラスとマザープラスを比較すると、お肉の配合量がマザープラスの方が多くなっております。 食いつきが心配という方には、より食いつきのよいマザープラスをおすすめしています。 ■総合栄養食(栄養バランスへの配慮) グリーンプラスは一般食、マザープラスは総合栄養食のフードです。 マザープラスは総合栄養食の基準を満たすため、ビタミンやミネラルを配合しています。 (※総合栄養食とは、AAFCO(米国飼料検査協会)の定める基準を満たした 「コレ(総合栄養食)だけで主食としてのだいたいの栄養がとれます」というフードのことです。) しかし「総合栄養食と水さえ与えていれば、健康を害さない」とか「病気にならない」というものではございません。 また、わんちゃんは個々に体質や運動量の違いがある上に、一般的にほとんどのペットのオーナー様は、おやつを日常的にお与えになります。 そのため、いくら主食が総合栄養食でも、栄養のバランスをAAFCOの栄養基準通りに摂取することは不可能に近いことですし、AAFCO(米国飼料検査協会)自体も健康を保証しているわけでもありません。 しかし、ひとつの目安といえども、AAFCO(米国飼料検査協会)が長年の研究を重ねて得られた結果でもございますので、その総合栄養食の基準クリアを目指すことは、多くのペットフードメーカーが取り組んでいることでした。 そして数年に渡り様々な天然食材の栄養価の研究・試作を重ね、ついに総合栄養食として誕生したのが「マザープラス」です。 栄養のバランスよりも、天然の素材だけで作られたものをご所望の方にはグリーンプラスをおすすめいたします。 ■米ぬかの配合 グリーンプラスには米ぬかが配合されており、毛づやを気にされる方には特におすすめしています。 ■製法 市販のドッグフードの多くはなんとも言えない臭いをしていますよね。 あれは酸化した廃油と香料が混ざった臭いです。 市販のドッグフードでは、まずかさ増しのために膨張剤を使用し、比重の軽いフードを作ります。 その後、重量を増すために廃油(主に飲食店などで繰り返し使われた油)を表面にコーティングします。 これが臭いの正体です。 当店では原料を温めながら機械を通し、乾燥させる「ノン・オイルコーティング製法」を採用しています。余計なものは使用せず、素材の力を引き出す製法を採用しています。